時制と相 2 Reichenbach(ライヘンバッハ)(1947)の紹介①

 この記事では、Reichenbach(ライヘンバッハ)(1947)を阿部(2018)を基に紹介していきます。特に今回は完了形と時制の話をします。進行形についてはまた別の機会に。

 時制と相について考える際、ライヘンバッハは次の3つの時点を区別することを提案しています。それは、①発話の時点(S)、②事象の時点(E)、③参照の時点(R)です。それぞれ、Sはspeak、Eはevent、Rはreferenceの頭文字だと思われます。前回(時制と相1)説明した内容では①発話の時点と②事象の時点のみで、③参照の時点はありませんでした。しかし、③参照の時点がなくてはいわゆる大過去の意味をうまく捉えることができません。次の見てみましょう。
(1)I had seen John.
 この文は、過去のある時点では既に私はジョンを見ていたという意味になります。この「過去のある時点」という内容がなくては大過去の意味をうまく説明できません。そこで考えられたのが③参照の時点です。すると先の文は次のように表すことができます。
(E)→(R)→(S)
 こうすると「過去のある時点Rにおいて,すでに私がジョンを見るという事象Eが起きてしまっていた」(阿部2018)ことを捉えることができます。

 さて、もう少しライヘンバッハの理論について説明していきます。過去形と大過去の違いについて確認します。大過去は②事象の時点(E)が③参照の時点(R)より過去に位置していました。それに対して次のような単純な過去形はどうなるでしょうか。
(2)I saw John.
 この場合についてライヘンバッハは、②事象の時点(E)は③参照の時点(R)と一致するとしています。図にするとこんな感じです。
(E),(R)→(S)
 確認しますが(1)と(2)の違いは完了相(have)の有無です。時制は(1)had/(2)sawとどちらも過去形ですから、時制の違いはありません。そのため(1)と(2)を比較して分かるのは、完了相がどのような働きをするかということです。改めて図を振り返ると、完了相は②事象の時点(E)が③参照の時点(R)より過去に位置することを示すことが分かります。つまり(E)→(R)ということです

 では、別のパターンも確認して理解を深めておきましょう。S=発話の時点,E=事象の時点,R=参照の時点
・単純現在形(I see john.)→S・E・Rは全て現在時点に位置する。
・単純過去形(I saw John.)→R・Eは過去時点に位置する。(E),(R)→(S)
・単純未来(I will see John.)→R・Eは未来時点に位置する(S)→(E),(R)
・現在完了形(I have seen John)→S・Rは現在時点に位置し、完了形のためEはRより過去時点に位置する(E)→(S),(R)
・過去完了形(I had seen John.)→Sは現在時点に位置し、過去形のためRはSよりも過去時点に位置し、完了形のためEはRよりもさらに過去の時点に位置する。(E)→(R)→(S)
・未来完了形(I will have seen John.)→Sは現在時点に位置し、未来表現のためRはSよりも未来時点に位置し、完了形のためEはRより過去時点に位置する。(S)→(E)→(R)

 どの場合でも、完了相は②事象の時点(E)が③参照の時点(R)より過去に位置することを示すこと、つまり(E)→(R)であることが確認できます。そして、この例を見ていて気付いた方もいらっしゃると思いますが、ライヘンバッハは時制を①発話の時点(S)と③参照の時点(R)の関係だと捉えています。つまり、現在形ではSとRは一致し、過去形ではRはSより過去時点に位置し、未来表現ではRはSより未来時点に位置するということです。

まとめ
・①発話の時点(S)、②事象の時点(E)、③参照の時点(R)の区別される。
・参照の時点(R)とは、大過去などで見られる「ある時点において」に相当する概念である。
・完了相は②事象の時点(E)が③参照の時点(R)より過去に位置することを示す。
・時制は①発話の時点(S)と③参照の時点(R)の関係の関係である。

今回参考にした文献
阿部潤(2018)『生成意味論入門』開拓社
ライヘンバッハの元の文献
Reichenbach,Hans(1947)Elements of Symbolic Logic,The Macmillan Company
※この記事に使った用例はすべて阿部(2018)からのものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました